東京都産業労働局 tokyo reporter 島旅 & 山旅

SELECT LANGUAGE
東京都
Wi-Fiスポットの場所はこちら
SELECT LANGUAGE

共有する

あきる野市

秋川は、多摩川最大の支流。渓谷は全長20キロ、檜原村まで広がります。温泉が湧き、キャンプやバーベキューが人気です。都内で家族でアウトドア。いい季節になりました。伊豆&小笠原の離島へ、多摩へ。あきる野市(東京都 あきる野市)
渡部郁子

渡部郁子

アウトドアナビゲーター、温泉ソムリエ。
自然・音楽・温泉をテーマに取材活動を展開。ラジオ、雑誌、webで情報発信を行う。

1日目

弁天山山頂

弁天山山頂

3歳児のハルオミを連れて、やってきました武蔵増戸駅。まずは山登り!標高292m、駅から約2km、登山道入り口から500mほどの「弁天山」の山頂を目指します。息子にとって、最初から最後まで自力で登る、「初めての登山」。
近藤醸造

近藤醸造

武蔵増戸駅近くにある「近藤醸造」瓶詰め直後の「めんつゆ」は、温かかった! 瓶詰めしているときだけ、温かいめんつゆが買えるとのこと。本格的な工場見学も予約で受け付けているそうです。日時は要相談。5月下旬の直売会でも工場見学を行うそうですよ。
みつばちファームカフェ

みつばちファームカフェ

いろいろな蜂蜜をテイスティングできる「世界のはちみつパンケーキ」と、はちみつの上品な甘さがおいしい「はちみつアイス」をいただきました。はちみつは、美しい肌をつくる栄養素が豊富なので、美容にイイといわれています。肌が荒れやすい冬の季節は特におすすめ。
日の出乗馬倶楽部

日の出乗馬倶楽部

東京に乗馬クラブがあるなんて、驚きです。ビジター設定があるので、会員でなくても乗馬体験ができます。しかも、とてもアットホームなクラブなのでいろいろな要望を前向きに検討してくれます。ハルオミ3歳、初めての乗馬。今回のおやこ旅は、忘れられない思い出をたくさん作ることができそうです。
炭火焼・山里料理「黒茶屋」

炭火焼・山里料理「黒茶屋」

平日限定のお昼のコースをいただきに、やってきました。敷地内の大きな水車に、大喜びで走り出す息子。この雰囲気、大好きです。ハンバーグやオムレツといったものに、全く興味がない3歳男児。好物は「豆腐」「炊き込みご飯」「しじみ」「そば」ですからきっとここの料理を気に入るはず。
黒茶屋のランチ

黒茶屋のランチ

まずは、前菜!続いて、椀物、焼き物、蒸し物、揚げ物と続き・・・しめの「よもぎうどん」。一皿届くたびに、「わあー!」「おいしそー!」の声を出さずにいられない、見た目にもおいしい料理の数々に、二人で大満足のランチを終えたのでした。
秋川渓谷 瀬音の湯

秋川渓谷 瀬音の湯

今回の宿泊先は、「秋川渓谷 瀬音の湯」のコテージです。「秋川渓谷 瀬音の湯」は、知る人ぞ知る、大人気の日帰り温泉施設。温泉だけでなく、産直野菜や名産品などを揃えた直売所と、会席料理を提供する食事処にカフェもあり、さらに宿泊できるコテージがあるのです。
瀬音の湯の温泉

瀬音の湯の温泉

大浴場は「オムツの方の入浴不可」なので、赤ちゃんのときは「貸切風呂」を利用しましょう。見てのとおり、手すり完備です。完全バリアフリー対応で車椅子の方も利用できます。ただし、貸切風呂は「家族風呂」ではないので、家族全員で入浴することができませんのでご注意。(10歳以上の混浴禁止のため)
瀬音の湯の夕食

瀬音の湯の夕食

6品の「四季御膳」をいただいてきましたよ~♪♪会席予約の場合、個室を使えるので小さな子どもがいるときも気兼ねなく食事を楽しめるという、うれしいポイントつき。3歳の息子は、炊き込みご飯が大好きなので、浅利と牛蒡の炊き込みご飯としじみ汁をいたく気に入り、大満足のようでした。

1日目をもっと見る

2日目

瀬音の湯の朝食

瀬音の湯の朝食

ごはんとしじみ汁のおいしさに、再び感動する朝でした。
荷田子のキャンプ場

荷田子のキャンプ場

冬のアウトドアの醍醐味、焚き火とセットで、そとごはんを楽しみたい!持参したのは、焚き火台となべと、小さなテーブル&いす。食材は、近藤醸造、五日市ファーマーズで仕入れました。
荷田子のキャンプ場

荷田子のキャンプ場

燃料も、現地調達。そこここに落ちている、枝や松の葉などを使って焚き火をつくります。野菜を小さくちぎって、ぐつぐつ煮込んでからそうめんを入れて、めんつゆで味を調え、できあがり。
荷田子のキャンプ場

荷田子のキャンプ場

寒い季節は、温かい汁物ごはんがおいしいです。息子と二人、寒い寒いっていいながら、なべをつつき、温かい甘酒と、焼き芋を味わい、川原でのランチタイムを満喫してきました。荷田子から瀬音の湯までは、たったの1km程度です。

2日目をもっと見る

元の記事はこちら