東京都産業労働局 tokyo reporter 島旅 & 山旅

SELECT LANGUAGE
東京都
Wi-Fiスポットの場所はこちら
SELECT LANGUAGE

共有する

御蔵島

イルカで有名、御蔵島。みくらじま。海では、イルカと泳げます。中央には、御山(標高851メートル)。島は原生林に覆われ、周囲は絶壁で囲まれます。伊豆&小笠原の離島へ、多摩へ。御蔵島(東京都 御蔵島村)
東京散歩ぽ

東京散歩ぽ

東京下町生まれの散歩ブロガー。夫婦で日本中を旅しておでかけの「キッカケ」を発信するブログ「東京散歩ぽ」を運営。

1日目

竹芝桟橋

竹芝桟橋

今回、御蔵島へはJR浜松町駅から徒歩10分、ゆりかもめ線だと竹芝駅から直結の竹芝桟橋から東海汽船のフェリー「橘丸」に揺られて約7.5時間ほどかけて向かいました。竹芝桟橋の出港は22時30分。橘丸は途中、三宅島、御蔵島を経由して八丈島まで毎日就航している大型客船です。
スーパーエコシップ「橘丸」

スーパーエコシップ「橘丸」

就航してまだ2年のスーパーエコシップ「橘丸」の内部はとても綺麗!今回は2等和室で仮眠したんですが、ちゃんと1人づつ仕切りがあって枕もありました。毛布も1枚100円でレンタルできるんですよ!明日は朝から活動するので、しばしこちらで休みます。
上陸

上陸

一夜明け時刻は朝の6時。御蔵島に無事到着!港からの景色に早くも圧倒!目の前には大きくそびえる山々が連なります。ここが御蔵島か!!港には今回お世話になる民宿のおかみさんが朝早くから車で迎えに来てくれてました。まずは民宿へGO!
宿まるい

宿まるい

こちらが今回お世話になる「宿まるい」さん。
休憩スペース

休憩スペース

早朝6時に到着してどこに居ればいいのかな?と思いましたが、午後のチェックインまでの間はこちらの休憩スペースに滞在できます!ただし到着日の朝食は用意されてないので、出発前に竹芝桟橋でおにぎりやサンドイッチなどの朝ごはんを買ってこちらで食べましょう。
トレッキングツアー

トレッキングツアー

今回僕らはガイドの広瀬さんと共に御蔵島の南側にある「南郷コース」をトレッキングしてきました!ガイド料は1人あたり半日の場合で4,000円税込(ひとりの場合は6,000円税込)。長滝山入り口から御山山頂を目指す縦走コースは半日以上かかるので6,000円税込(ひとりの場合は9,000円税込)がかかります。(200円の保険料・自然保護とガイド育成の協力金込み)
草祭りの神様

草祭りの神様

御蔵島には“草祭りの神様”と言われる小さな祠があります。登山者が里から山に入る際は登山の無事を祈ってこの小さな祠に草を1本置く習慣があるそうです。嫁さんと2人分の草(葉)を置きました。山から下山した際にこの葉っぱを石から外して帰ります。
南郷(スダジイ)コース

南郷(スダジイ)コース

今回挑戦した南郷コースは往復2時間ほどかかる初心者向けのトレッキングコース。マイナスイオンがたっぷりで空気もおいしい!緑も青々としていてみずみずしい。ときにはこんな大自然をじかに感じることも大事ですよね(^ ^)
御蔵島の大ジイ

御蔵島の大ジイ

さてトレッキング開始からおよそ1時間。南郷コースの最大の見どころ「御蔵島の大ジイ」が深い森の中から姿を現しました!これは大きい!1997年に発見された「御蔵島の大ジイ」の幹周りは13,79mと日本最大のスダジイの巨木です。樹齢1000年とも2000年とも言われている「御蔵島の大ジイ」。ガイドの広瀬さんも「御蔵島の大爺」と呼ぶ、日本最大のスダジイはまさに御蔵島のパワースポット!!
下り

下り

御蔵島の大ジイに別れを告げて、元来た道を戻ります。結構ぬかるんでいるところも多いので下りは気をつけて!
御蔵の源水

御蔵の源水

南郷コースのトレッキング後にガイドの広瀬さんからいただいた御蔵島のミネラルウォーター「御蔵の源水」はとてつもなく柔らかな口当たりのミネラルウォーター!トレッキング後の疲れた体に染み渡る(^^ )
滝が多く流れる御蔵島

滝が多く流れる御蔵島

トレッキング後は広瀬さんのご厚意で島内の名所をドライブ!透き通った清流がいたるところで流れます。とにかく水がきれい( ^∀^) ガイドの広瀬さんが紫陽花の葉で作ったコップで滝の水をすくって飲ませてくれました!こんな体験はなかなかできないですよね!
トレッキングツアーを終えて

トレッキングツアーを終えて

ガイドの広瀬さんと記念にパチリ!初めてガイドさん付きのトレッキングツアーに参加しましたが、しっかりと見どころを教えてくださるし、御蔵島の歴史や文化も深く知ることができました。そして何と言っても安心感が違います。ガイドの広瀬さん、すごく楽しいお話ありがとうございました!御蔵島はイルカの楽園と言われていますが、トレッキングコースではその楽園を作り出している森や山を肌で感じることができ、素敵な体験となりました!

1日目をもっと見る

2日目

ふくまる商店

ふくまる商店

トレッキング後に宿で少し休憩してから向かったのは「ふくまる商店」さん。今回宿泊した「宿まるい」さんからは徒歩1分のところにあります。こちらではお食事やご夫妻がデザインしたオリジナルTシャツや雑貨、イタリアン風の「あしたばドレッシング」やそば粉を使った「イルカせんべい」やソーダ味の「イルカあめ」など島のお土産が数多く販売されていますよ!
御蔵島あしたばカレー

御蔵島あしたばカレー

こちらはオリジナルの「御蔵島あしたばカレー」(700円)は明日葉の若葉と茎がたっぷり入った緑色の印度風チキンキーマのレトルトカレー。後日食べて見たらスパイスが効いてて美味しかったですよ!
ミートソース

ミートソース

さて、オーダー。ミートソース(750円税込)が到着!パルメザンチーズはハンドルをクルクル回して自分で削りますよ~これ楽しい(´▽`)
ナポリタン

ナポリタン

ナポリタン(750円税込)も到着!パルメザンチーズをたっぷり入れたナポリタンをいただきます!ケチャップソースで炒めたパンチェッタと玉ねぎがアルデンテのパスタと絡んで最高に美味しかった!ミートソースも食べ応えがあって嫁さんも大満足!
村営バンガロー

村営バンガロー

さて、お腹がいっぱいになったところで、ちょっと周辺を散歩してみましょう。こちらは御蔵島村営のバンガロー。毎年4月1日から10月31日まで宿泊することができます。(バルコニーなし1泊2,000円、バルコニー付き1泊3,000円)炊事場もついてるのでみんなで泊まってBBQとか楽しそう!
港へ

港へ

断崖絶壁に囲まれた御蔵島。港へ降りる際はかなり急なこちらの坂道を降りていきます。午後に入ってからは青空も見えてスッキリ晴れてきました。
イルカの見える丘

イルカの見える丘

港へ向かう途中の道に「イルカの見える丘」という展望台がありました。ここからは大海原と三宅島の絶景が楽しめます!この時はイルカの姿は確認できませんでしたが、夏場はイルカの泳いでる姿もきっと見えるんでしょうね!
漁港

漁港

港へ向かう坂を下りると客船が停泊する埠頭と小さな漁港がありました。イルカウォッチングやドルフィンスイムの船はここから出るようですね!
夕食

夕食

さて、日が暮れて午後6時。「宿まるい」さんでは夕食の時間になります。この日は鳥の唐揚げと新鮮なお刺身!民宿のご飯って家庭的で美味しいですね(^ν^)
満天の星空

満天の星空

夕食を食べてからのお楽しみは星空ウォッチング!御蔵島観光協会の人に聞いたところ、港周辺がよく見えるとのこと。港の近くで出来るだけ街灯の光が見えないところから空を見上げると!すげ~~~~っ!今にも降って来そうな満天の星空が見えました!時間を忘れてしばし見入ってしまいました。幸せなひととき(^^ ) 伊豆諸島の御蔵島はイルカウォッチングやトレッキングだけでなく、こんな素敵な星空も見ることができるんですね!!
条件付き出航

条件付き出航

夜中からの強い雨と風により、翌日12時30分発の「橘丸」は条件付き出航となりました。条件付き出航とは冬場の海でよくあるそうで、波が高く接岸できない場合はそのまま欠航となってしまうとのこと。今回はかなりの悪天候でしたが、運良く接岸できて客船に乗り込みました。
まとめ

まとめ

これにて御蔵島の旅は終了。御蔵島の自然の素晴らしさ、そして厳しさを感じる充実の2日間でした!夏の御蔵島はイルカウォッチングが本当に素晴らしいんですって!次回は夏に行ってみたいな(^^ )

2日目をもっと見る