東京都産業労働局 tokyo reporter 島旅 & 山旅

SELECT LANGUAGE
東京都
Wi-Fiスポットの場所はこちら
SELECT LANGUAGE

共有する

利島

利島、としま。島の8割は、椿林。冬は椿、初夏はさくゆり、花の島です。面積は約4平方キロ、円錐型の小さな島。島の真ん中、宮塚山から富士山が見えます。伊豆&小笠原の離島へ、多摩へ。利島(東京都 利島村)
みやけよう

みやけよう

カレーと広告と塩顔が好き。
職業は、JIA認定インタビュアー、ライター、ブロガー、広報・企画のお手伝い。

1日目

利島館

利島館

利島は小さいので歩いても宿に迎えますが、今回お世話になる利島館の方がお迎えに来てくださいました。宿に着いてホッと一息。贅沢に一人お泊まりする部屋は時代を感じる、清潔感のあるお部屋でした。
利島館

利島館

窓の外を見ると、オーシャンビューだー!!!!!よく旅行番組とかで言ってるアレだー!!!!!
利島館 昼ごはん

利島館 昼ごはん

利島館では、朝晩はもちろん、事前に言っておけばお昼ご飯もいただけます!初日のお昼は、男の手料理『中華丼』でまた美味しい。あんかけラブ。
利島館

利島館

お昼を食べつつ、館長さんが島の説明をしてくださいました。私「どういう観光ルートが理想ですかね?」 館長さん「島は半分に分けて、2日かけて見た方がいいかもしれませんね。今日は市街地をふらふらして、その中にある神社やお土産物屋さんに行くと良いと思いますよ。」 私「良いですね!」 館長さん「ちっちゃい島だからすぐ回れると思いますよ!」
利島の地図

利島の地図

いただいた地図によると、たしかにサクッと回れそう…とはいえ利島は立派な島なので、いくら小さいとは言っても急勾配なのです。『神社を巡るからこそ、身体的負担はウェルカムだぜ!』と変なテンションで神社へテクテク向かいます。
阿豆佐和気命神社

阿豆佐和気命神社

阿豆佐和気命神社(あずさわけのみことじんじゃ)。島内にある神社の中でも最も規模が大きく、村の氏神として「明神さま」と呼ばれて崇め親しまれてきた古社です。創設年代は不詳ですが、社殿は1760年に建造されたと伝わる利島最古の建物だそう。わかりますか、この漂うラスボス感。
JA東京島しょ利島店

JA東京島しょ利島店

神社巡り道中は、島で唯一のお土産を売っているJA東京島しょ農業協同組合 利島店へ。お土産物コーナーは…あったあった!利島は、島の80%が椿の木で覆われている「椿島」の異名を持つ島。お土産物にももちろん、椿油商品がずらり!
利島館 夕ごはん

利島館 夕ごはん

本来なら新鮮な魚介類をいただけるという利島村漁業協同組合に行きたかったのですが、あいにくのお休み…とはいえ、宿に戻れば美味しいお魚が待っていたのです。ナイス離島!!!!!やっぱり美味しい魚は裏切りません。ご飯をいただき、お風呂に入り、お部屋に戻ってのんびりくつろぎました。

1日目をもっと見る

2日目

島の南側へ

島の南側へ

穏やかな眠りから覚めて、さあ始まりました2日目。今日は島の反対側にある神社を巡るということですが、バスもないため歩いて向かうと1時間かかるらしい。利島館の館長さんが『愛犬の散歩のために車を出す』とのことで、運良く便乗して島の反対側へ!そうして着くと、なんたる絶景!利島を囲む島々もくっきりと見えます。
阿豆佐和気命本宮(一番神様)

阿豆佐和気命本宮(一番神様)

何度か迷子になりつつ、たどり着いた神社がこちら!阿豆佐和気命本宮(一番神様)山の中にひっそりと、神々しすぎるその姿…奥に祠がありました。
大山小山神社(二番神様)

大山小山神社(二番神様)

大山小山神社(二番神様)です。もはやこの鳥居をくぐって良いものなのか分からず、おとなしく写真に収めます。
下上神社(三番神様)

下上神社(三番神様)

下上神社(三番神様)です。全て同じように見えますが、それぞれまとっているオーラが違うような気がするんです。ここまででお分かりのように、一番、二番、三番神様。というのも、利島で正月三が日は『山廻りの日』といい、 米とお神酒を持って一番神様、二番神様、三番神様の順に参拝してお供えをするのが伝統になっているのです。昔は歩いて廻ったところを、今では自家用車でお参りする人がほとんどになったそうですが…この距離は車いるわ(心の声)
利島港への帰り道

利島港への帰り道

ヒッチハイクしたい思いも山々ですが、そもそも車が来ないので諦めました。海は綺麗だなぁと眺めながら、一人で黙々と歩きます。圏外エリアだからこそ、ネット世界で寂しさをごまかしていた自分の小ささに気づきました。

2日目をもっと見る

3日目

利島へリポート

利島へリポート

こうして二泊三日という旅程もあっという間に過ぎ、私は帰路につきました。島に流れるゆったりとした時間の流れが、日々の喧騒から解放してくれた今回の利島旅。神社を巡ることで心の穢れが洗われていくこの感覚は、不思議と虜になりそうです。